脂肪吸引ダウンタイム

脂肪吸引ダウンタイムについて

 

 

 

痩身方法にも色々とあるのですが、部分痩せというのは実に難しいものなのです。特に、幼少期から肥満をしていた場合には、脂肪細胞の数そのものが増えてしまうので、ダイエットをしても細胞ひとつひとつの数を減らすという事はなかなかできにくいです。

 

脂肪細胞が増えてしまった場合には、ダイエットをしても、細胞そのものがなくなるわけではなく、小さくなるという現象しか起こりません。ですから、少し食べただけでも太りやすいという人は、この脂肪細胞がとても増えているということが考えられるのです。

 

脂肪細胞が増えてしまう時期については、幼少期も増えやすい時期なのですが、女性の産後や、男性も中年以降には脂肪細胞が増えやすい時期であると言われています。部分的に増えてしまった脂肪細胞を、すべて取り去ってくれるのが脂肪吸引という方法です。

 

脂肪吸引は、ベイザーハイデフ、チューメセント、ベイザーリボ、ボディジェット、ウルトラゼット、ボディタイトといった機種があるのですが、体にできるだけ負担のかからない機種を使っている脂肪吸引ができる美容外科を選んだ方がダウンタイムも少なくて済みます。

 

一般的には、効率の良い脂肪吸引の機種でも約1〜2週間程度のダウンタイムが必要になります

 

。部分別にダウンタイムを見ていくと、顔や二の腕のの脂肪吸引のダウンタイムは約3日程度から1週間くらいだと言われています。お腹の脂肪吸引ダウンタイムや、太ももの脂肪吸引ダウンタイムは、およそ1週間〜2週間くらいはかかるようです。

 

 

人気のベイザー脂肪吸引 ダウンタイムは短くて1週間です

この期間は安静にしている必要性もありますので、スケジュールの調整をきちんとできるように配慮しなければなりません。ただ、このダウンタイムに関しては脂肪の量が多ければ多いほど体の負担が高くなるので多くなることもあります。

 

ですから、ダウンタイムの日数については、どれぐらい脂肪吸引するかによっても変わってきますので、担当の医師などと綿密にダウンタイムの期間についても相談をしてみた方が良いでしょう。

 

 

 

脂肪吸引

 

脂肪吸引人気ランキングはここから