脂肪吸引後遺症

脂肪吸引の後遺症・痛みについて

日本人も非常に肥満している人が増えているので、ダイエット行う人も多いですし、肥満によって部分的に太った場所を気にする方もおられるでしょう。最先端の美容では、この部分痩せに関するケアも重点的に行われているのです。

 

メソセラピーなども比較的新しく、部分的に肥満した部分を細くする方法なのですが、やはり外科的な手術の方が、得られる効果は非常に高いです。脂肪吸引もかなり長い間行われている方法でもありますし、部分痩せの効果の非常に早い手術の一つです。

 

この脂肪吸引を行いたいと言う希望を持つ時に、外科的な手術であるために、不安をもたれる方も多いのかもしれません。脂肪吸引というのは、体の中にカニューレという細い管のような器具を差し込んで、脂肪そのものを吸い取ると言う実に画期的な方法なのです。

 

ただ、この脂肪吸引も手術に手馴れいるドクターを選ぶことが大切になってきます。さらに、脂肪吸引はその使っている機種によっても、体への負担もかなり違うのです。ですから、効率良く脂肪だけを取るような高性能な脂肪吸引器を採用している美容外科を選ぶ事も、脂肪吸引の手術を行う時には検討するべきなのです。

 

脂肪吸引には、外科的な手術である為に後遺症もあります。その大きな例では内出血や感染、痛み、内臓の破損、知覚異常などもあります。ただ、この手術に手馴れているドクターであれば、内臓破損したり血管を傷つけたりする事は最小限で抑えられるので、出血や感染、痛み等に関してはダウンタイムのうちにしっかりと静養し、鎮痛薬で抑えると言うような治療方法行うことになります。

 

また、傷痕についても美容にこだわる方なら気になるかもしれませんが、脂肪吸引で手術する場所というのはそれほど傷をつけることがありませんが、全く傷が残らないというわけではありません。ただ、美容外科というのは、傷痕を綺麗にする分野の美容方法もありますので、気になる場合は、傷痕の治療も併用して行うのも良いでしょう。

 

 

3日くらいの痛みがありますが
鎮痛薬の内服や吸引部位の圧迫固定により、痛みを抑えることができます。

 

脂肪吸引

 

 

 

痛くない脂肪吸引はここから